memo

レントゲンでの被曝量
原発事故関係
原子力発電の原理
世界中の放射線量
福島原発による全国放射線降下量
各種発電のコスト
?????


12.2.29からのメモ
ジオスゲニンは性ホルモンの中間体であるDHEAと類似した構造を持つ。ジオスゲニン自身もホルモン骨格を持つので、性ホルモン、副腎皮質ホルモンへ分化すると考える。
日本産山芋は、ジオスゲニン配糖体であるジオスチンの含有率が1%と低く、ジオスゲニンやジオスチン抽出に向かない。南米のヤムイモ、特に中国雲南省昆明地域の山芋は8%含有しており効率が良い。又沖縄に生息するヤムイモ種のトゲドコロにも多く含まれる。
山芋10Kg→ジオスチン100g→ジオスゲニン200mg→DHEA類似体として20mgと俺は考える
もし25mg相当のDHEAを山芋からとる場合は、10Kg食べなければならない。
●サツマイモの乾燥チップを発電燃料に使った場合、40億トンの乾燥チップ(水分は約65%だからこの約3倍)で日本全体の発電が可能。そしてそのサツマイモを栽培する畑の広さは、約100万ヘクタール(100Km四方の土地=1万Km2)あれば可能。又栽培時光合成でCO2を吸収してくれるので、燃焼時に出るCO2とチャラになり、温暖化にも問題なくクリアー出来る。つまり日本国土の37分の1の土地が必要。※千葉県2個位かなあ?。燃えカスも埋めるだけで問題ない。
●福島の1/20の土地を仮に10000km2/20=500km2として計算する。実際シャープ製パネルで1m2=142W=5万円 を基板として計算すると、福島の1/20の土地にパネル代として25兆円。最大発電量として7000万kW。東電内の総原発 発電量は1830万kW。ソーラーで発電するには福島の1/77(130km2)でまかなえる。30キロ圏内の面積1412km2。この 30キロ圏の10分に1程の面積のソーラーパネルでまかなえる。但し真夏の晴天時入射角90°での計算であるから、24時間稼働 春夏秋冬を考えると5〜10分の1になり、冬期発電量1830万kWを得るにはパネル30キロ全域になる可能性があると考える。 ※福島県の実際の広さはもう少し広く、13782km2である。
●ミニキヤノンの、オス:M-XL-3-11S(トモカ400円税込)、メス:M-XL-3-14(千石460円税込)
●1Hと220p、●携帯迷惑メール設定 メールマーク押→8設定→1メールアドレス設定→ネットワーク接続→
●要素(アイアディーン)131 8.02日 ●セシウム134β線半減期2.06年、●137β線半減期30.1年 ●尖閣諸島石油埋蔵量推定約5億トン(昔言われていた世界第二産油国イラク総量と同じで無く、僅か30分の1)  日本が使う1年間の原油総量は、1.56億トン●いわき市平谷川瀬字西作1 いわき市平競輪場
●宮城県庁022-211-2111●南三陸町役場0226-46-2600●南三陸支援物資受け入れ窓口、南三陸ベイサイドアリーナ  090-9409-0947●久ノ浜避難所→湯本高校体育館80人090-5841-9628
◎太陽から地球に照射されている光エネルギ総数174PW(P=千兆,174兆kW)、東電最高6000万kWは290億分の1
 ※人類が地上でエネルギー源として実際に利用可能な量は約1PWといわれる。これは現在の人類のエネルギー消費量の  約50倍である。またゴビ砂漠(約130万km2)の半分(約65万km2=日本の約2.4倍)に現在市販されている太陽電池  を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られる。●シャープ製パネル1平方最大142W(6.5万円)
●宮城県庁0222112111●南三陸町役場0226462600●物資受入窓口南三陸町ベイサイドアリーナ090-9409-0947
●火力3637万kW26個所※川崎300万建設中、東海村300万建設中 ●水力852万kW160個所、全て復旧
●原子力1730万kW(第一496、第二440、柏崎821万kW)3個所490万kWのみ稼働中●風力0.05万kW●地熱0.35万kW      震災後今現在1900万kW停止中、4/11現在停止している火力発電所の合計680万kW
●ベクレル÷約20=約μシーベルト 7000ベクレル=約350μSy ●イミガゾールジペプチド鶏胸50g/1日
◎関東圏内のマンスリージャズプレイガイドマガジン ◎CDレーベル会社の再構築 ◎日本のジャズの世界認識確率
◎SOMEDAYを日本No1に持ち上げる ◎自叙伝を書く ◎マイクを基軸にKDS-TECを再開 ◎ジャコの編集を終わらせる
●レスベラトロールResveratrolポリフェノールの中の0.25%含有(通常最低0.5mg経口投与)